未来技術推進協会シンギュラリティラボ SDGsコンサルエッグとの連携を開始しました

弊社代表 平尾健二は未来技術推進協会が運営するシンギュラリティラボ SDGsコンサルエッグに加入したことをお知らせします。


弊社とシンギュラリティラボ SDGsコンサルエッグが連携することで、今後より幅広いSDGsの活用支援を企業、NPO、行政へ提供することが可能となります。


【提供サービス】

・組織へのSDGs理解促進(セミナー、ワークショップ)

・経営ガイドラインとしてのSDGs活用支援

・新規事業開発支援

・お取り組みの外部発信強化、PR

・お取り組みの取材、コンテンツ制作

・提携する外部専門機関、団体のご紹介

・主催/共催イベント実施、イベント協賛

・社会課題解決プロジェクトへの協賛、提携

・各種助成金取得、資金調達支援


■一般社団法人 未来技術推進協会とは

2017年8月に設立。テクノロジーを用いて社会課題を解決することを目的とした団体。 エンジニア、会社役員、NPO関連、弁護士、薬剤師など、様々な バックボーンを持つ会員が参加している。

同協会が開発した「Sustainable World BOARDGAME(SDGsボードゲーム)」は2019年に国連が主催の「SDG Global Festival of Action2019」へ出展し、高い評価を獲得。

https://future-tech-association.org/


■SDGsコンサルエッグ

https://future-tech-association.org/sdgs-consulting/


オービタル コラボレーションズ合同会社とシンギュラリティラボ SDGsコンサルエッグは両者の強みを活かし、社会・環境課題に取り組む企業活動を支援してまいります。